2011年04月22日

マグロの炙り焼き

wafu-stake_001.jpg 刺身用のメバチマグロ赤身を、塩胡椒で下味を付け、強火で炙ります。
 表面はパリッと、中はしっとり半生。オロシポン酢でサッパリと召し上がって下さい。
posted by ぎょゆう at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マグロの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

刺身はこうして切る

kirikata01.jpg

kirikata02.jpg

kirikata03.jpg
 どんなに良い魚でも、刺身の良し悪しは、切り方で決まります。
 よく切れる包丁を使うのは大前提。
 そして、写真のように、個を描くように一気に包丁を引ききりましょう。

 上から下へ押し付けたり、鋸のように包丁を前後に動かすと、身が圧迫されて細胞が壊れ、折角の美味しい素材が台無しになってしまいます。 
posted by ぎょゆう at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | マグロの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

静岡マグロ餃子、テレビショッピングでも紹介されました



 静岡マグロ餃子は、清水港に水揚げされた新鮮な刺身用マグロを贅沢にもふんだんに使って作られた、美味しさも栄養もたっぷりの餃子です。

 サッパリした味わいにも関わらず、ボリューム感があり、カロリー低めで美味しさも栄養も満点。美容を気遣う女性にも、健康志向のお年寄りにも大人気です。

 マグロのアミノ酸がたっぷり効いて、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)など、血液をきれいにする不飽和脂肪酸も豊富です。

 その味は、一寸には言いあらわせない美味しさ。
 食べてみなけりゃわかりませんよ!
 あなたも是非、召し上がってみてください。

静岡マグロ餃子
60個入り、全国一律送料・代引き手数料込みで、4800円
posted by ぎょゆう at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マグロの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

マグロ餃子がスカパーでテレビショッピング

DSC_0072.jpg 今話題の静岡マグロ餃子が、スカイパーフェクトTV240チャンネル・直送!うまいもんTV!で紹介されています。

放送は、昨日午前1時から30分のテレビショッピング。10夜連続放送ですので、今夜これからも放映されます。

静岡マグロ餃子は、刺身用のマグロをふんだんに使った贅沢な餃子です。

マグロと言えば、ツナ缶?いいえ!ツナ缶のマグロは、脂が少なく刺身では食べられないビンチョウマグロをそのまま使っていますが、静岡マグロ餃子は、刺身用のメバチマグロやキハダマグロが主原料。もちろん、料理屋さんでお皿の上に盛り付けられるお刺身の延長線上にある、刺身の形にならなかった部位を使います。だから一味違うのです。

また、ニンニク、キャベツ、ニラ、生姜などの野菜類も、契約農家も含め、国産にこだわりました。

マグロは、アミノ酸がバランスよく含まれ、更に、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などの不飽和脂肪酸が豊富で、健康にとても良い食品として尊ばれています。

肉入りの餃子よりもカロリーが低く、さっぱりした食感は、いくら食べても太りません。健康志向のあなたには絶対にお勧めです。

直送!うまいもんTV! 是非ご覧下さい。
スカパーに入っていなくて見られない方、ホームページでもお買い求め頂けます。
ホームページ・静岡マグロ餃子




posted by ぎょゆう at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | マグロの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

静岡マグロ餃子

DSC_0079_500.jpg
 清水港に水揚げされた新鮮な刺身用のマグロが餃子になりました。
 マグロは、EPAやDHAなどの不飽和脂肪酸の他、アミノ酸が豊富に含まれた健康食材です。このマグロを使った餃子は、サッパリしていて低カロリー。健康志向の現代にはもってこいのヘルシーな食材です。

 11月4日新発売! ★静岡マグロ餃子
ラベル:餃子 まぐろ
posted by ぎょゆう at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | マグロの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

お花見には、マグロ兜焼き

 お花見など、屋外でのバーベキューでは、豪快に「マグロの兜焼き」が人気です。


 大勢でワイワイやりながら、マグロの頭の大きな塊に、塩をまぶしたり、裏返したり、時間をかけてじっくり焼くのも、「兜焼き」ならではの楽しみです。

 焼きあがった兜焼きを皆で突っつくのも、和気藹々とした場の雰囲気を作り出します。



 当店のマグロの頭は、縦2つ割にしてお出ししております。

 これは、冷蔵庫にも納まりやすく、調理もしやすくするためですが、ご希望があれば、丸ごとそのままでも、もう少し細かく割ることも、対応させて頂きます。



  マグロ兜焼きの作り方は、

 「鮪兜焼き」「ダッチオーブンまぐろ兜焼き」「まぐろ兜輪切り塩釜焼き」をご参考にしてください。


 ご注文は、「天然マグロの魚有・マグロの頭」でどうぞ!
posted by ぎょゆう at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マグロの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

マグロ刺身の切り方は?

刺身の切り方
マグロの刺身を切るには、
上から下へ押すように切ってはだめ。
鋸のようにギコギコと前後に押したり引いたりして切ってはだめ。
折角のプリンプリンに張った身がつぶれてしまいます。

写真のように、手前から弧を描くように一気に引ききることが肝心です。
ラベル:刺身 マグロ
posted by ぎょゆう at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マグロの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

マグロの刺身を盛り付ける

マグロ刺身盛合せ
 盛り付けは最後の味付けと言われます。
 画家がキャンパスに絵を描くように、自らの感性を表現してみましょう。
 視覚を刺激して美味しさが一層膨らみます。
 その食卓の意味合いに思いを巡らし、召し上がる方の視点に立って、器選びやつまの取り揃えなど、色々考えてみるのも楽しいものです。

 お正月の参考にと、この他にも、色々な盛り付け例をご紹介しております。
 「天然マグロの魚有・お刺身盛り付け例

お正月のお刺身に天然本マグロ、まだ間に合います。
天然マグロの魚有」までご相談ください。
posted by ぎょゆう at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | マグロの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

数量限定!メバチマグロカマトロ剥き身

 約50kg級の南太平洋産天然メバチマグロのカマトロ部分のみを使って剥き身にしました。
 このクラスのバチマグロを大バチと言って、脂の乗り具合も上々です。
 独自技術で低温熟成されているため、鮮度も良くて旨味も抜群。
 添加物一切なしの純粋天然物です。
 刺身、寿司、手巻き寿し、丼ぶり物等に最適です。ぜひご利用下さい。


 天然メバチマグロ・カマトロスキミ
 300g入り2800円(税込)
 100g入り2800円(税込)

 保存や解凍に便利な「冷凍真空パック」でお届けします。
 納期:約1週間。お届け日時のご指定が可能です。
 賞味期限;発送日より冷凍で約1週間
 のし紙、メッセージカード、ラッピングもご対応いたします。

・お支払いは、安心安全な
クロネコ@ペイメント(クレジットカード)
代金引換(現金・クレジットカード・デビットカード)
NP後払い(銀行振込・郵便振替・コンビニ) 
イーバンク銀行デビットカードがご利用頂けます。

 ご注文は、天然マグロの魚有でどうぞ!
posted by ぎょゆう at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マグロの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

マグロの刺身に合う薬味と調味料

マグロの刺身と山葵 マグロの刺身を頂くときの薬味はやはりワサビが定番です。
 ワサビは、本ワサビを選ぶのがベストです。しかし、いつでも手元に有るというものではありません。そういう時には粉ワサビでも十分です。粉ワサビは十分に辛さが効いています。大根オロシをきつく絞り、この粉ワサビと混ぜ合わせると、本ワサビに近い食感を得ることが出来ます。
 大根は普通に売られているもので十分です。夏は太い部分でも十分辛さが出ますが、それ以外の季節は、尻尾の部分を使う方が良いでしょう。
 ワサビは、醤油に混ぜるか、又は、刺身に適量を乗せるか、色々な頂き方があります。どちらが正しいということはありませんが、それぞれの味わいを大切にしたいとお考えならば、後者をお勧め致します。本ワサビなら尚更、ピリッとした新鮮な風味がマグロ本来の旨味を引き立てることでしょう。
 調味料は醤油が定番ですね。醤油は自然の塩を原料にした薄めの色の醤油をおすすめします。
 醤油の代わりに、塩で召し上がるのも良いでしょう。もちろん自然の塩です。

マグロのご購入は、天然マグロの魚有でどうぞ!
posted by ぎょゆう at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マグロの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

マグロの刺身の美味しい切り方

 マグロの身は、切り方によって歯触り舌触りが違ってきます。
 美味しいマグロをより美味しく、この切り方にも一つの秘訣があります。
 マグロのサクの表面を見ると、幅はそれぞれ異なりますが筋目があるのに気付くと思います。その筋目の方向がマグロの身の繊維の方向です。その繊維を断ち切るように刺身に切っていきます。
 筋目に対し出来るだけ直角に近い角度で切りますと、切断された筋の部分が最も小さくなり、口に残る食感がより心地よく、マグロの旨味を引き立てます。
 包丁は、手前に弧を描くように引いて一気に切ります。決して鋸のように押し引きを繰り返して行わないようにして下さい。折角の弾力性と粘り気がある身が潰れてしまいます。
 冷凍マグロを解凍した時などは、まだ芯が少し凍っている半解凍の状態の方が切り易くお勧めです。特に脂の乗ったトロは身が崩れやすいのですが、半分凍った状態ならば、家庭用の普通の包丁でも十分綺麗に切れます。

マグロのご購入は、天然マグロの魚有でどうぞ!
ラベル:刺身 マグロ
posted by ぎょゆう at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マグロの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

味噌仕立てのねぎま鍋

 ネギとマグロが入った鍋料理をネギマ鍋と言います。
 ネギマと言えば、焼き鳥の串にネギが挟まったモノを思い浮かべる方が多いと思います。ねぎの間に挟まっているから「ねぎ間」?
 元来、ネギマはネギとマグロという意味です。鶏肉の焼き具合に合わせるとネギが焼けすぎてしまいますね。ネギとマグロは丁度同じくらいの火加減で美味しく焼けるのです。
 
ねぎま鍋の材料 ねぎま鍋に合うマグロは、脂の乗ったトロ。
 大トロではちょっと手が出ない(もったいない)ので、中トロ位が良いと思います。
 脂の少ない普通の赤身などでは、火が入ると身がパサパサしてくるので、脂が乗っている方をお勧めします。
 その他に、白ネギ、豆腐などを入れます。
 白ネギは、下仁田ネギや深谷ネギ、磐田ネギなど、太目のネギがお勧めです。
 豆腐は、味が淡白な木綿豆腐がよいでしょう。
 お好みによって、小松菜や三つ葉、大根などを入れても良いと思います。

 マグロからたっぷり旨みが出るので、シンプルな素材で、醤油、味噌などシンプルな味付けが、マグロの味を引き立てます。

 味噌仕立ての場合も、出汁のとり方は醤油仕立て同様、きつくない程度の鰹の一番出汁を取ります。
 そこに、味噌汁よりも少し濃い目の味噌と、塩小匙1杯を入れます。
 味噌は自然の素材で作られたものをお勧めします。特に自然塩が使われているか確認して下さい。ここが、旨味を十分に引き出す重要なポイントです。

 元々生で食べられる食材です。一煮立ちすれば、もう召上って頂いて結構です。
 煮え過ぎない様にご注意下さい。特にマグロは、お好みにより、生煮え程度でも良いでしょう。煮過ぎてしまうと、脂分が抜け、旨味も抜け、ぱさぱさとした食感で美味しさが損なわれます。

 残ったスープには、マグロの旨味が沢山出ております。間違っても捨ててしまわない様に、色々な用途に活かして下さい。

 マグロのご購入は、天然マグロの魚有でどうぞ!
posted by ぎょゆう at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マグロの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

ねぎま鍋醤油仕立て

ねぎま鍋 昨今の急な厳しい冷え込みで、鍋が恋しくなりました。こういう時には、ねぎま鍋で温まりたいですね。
 ネギとマグロが入ったのがネギマ鍋です。
 ネギマと言えば、焼き鳥の串にネギが挟まったモノを思い浮かべる方が多いと思います。ねぎの間に挟まっているから「ねぎ間」?
 元来、ネギマはネギとマグロという意味です。鶏肉の焼き具合に合わせるとネギが焼けすぎてしまいますね。ネギとマグロは丁度同じくらいの火加減で美味しく焼けるのです。
 
ねぎま鍋の材料 ねぎま鍋に合うマグロは、脂の乗ったトロ。
 大トロではちょっと手が出ない(もったいない)ので、中トロ位が良いと思います。
 脂の少ない普通の赤身などでは、火が入ると身がパサパサしてくるので、脂が乗っている方をお勧めします。
 その他に、白ネギ、豆腐などを入れます。
 白ネギは、下仁田ネギや深谷ネギ、磐田ネギなど、太目のネギがお勧めです。
 豆腐は、味が淡白な木綿豆腐がよいでしょう。
 お好みによって、小松菜や三つ葉、大根などを入れても良いと思います。

 マグロからたっぷり旨みが出るので、シンプルな素材で、醤油、味噌などシンプルな味付けが、マグロの味を引き立てます。


ねぎま鍋 醤油仕立てのねぎま鍋を作るには、まず、きつくない程度に鰹の一番出汁を取ります。
 約5合の水に対して、醤油約6勺(0.6合)、塩小匙1杯を入れます。(うどんの汁より濃い目)
 醤油は、自然の素材で作られたものがお勧めです。成分をよく見て、天然の塩が使われているか確認しましょう。

 元々生で食べられる食材です。適度に火が通ったら、もう召上って頂いて結構です。
 煮え過ぎない様にご注意下さい。特にマグロは、お好みにより、生煮え程度でも良いでしょう。煮過ぎてしまうと、脂分が抜け、旨味も抜け、ぱさぱさとした食感で美味しさが損なわれます。

 残ったスープには、マグロの旨味が沢山出ております。間違っても捨ててしまわない様に、色々な用途に活かして下さい。

 マグロのご購入は、天然マグロの魚有でどうぞ!
posted by ぎょゆう at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マグロの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする